社会保険労務士の役割

社会保険労務士の通信教育を通じて、社会保険労務士の役割についての概要を知ることができます。通信教育を受ける前に知識を得ておくことで資格取得に対する期待を高められます。社会保険労務士は地域社会における社会的福祉がよりふさわしく提供されるようにサポートするのが主な役割です。さらに企業の労務管理上のアドバイザーとしても活躍しています。企業は社労士と顧問契約を結ぶことで社会保険や年金等の申請手続きや給付手続きなどの事務的な作業を行なうだけでなく、給付を受けるための的確なサポートを提供します。

例えば厚生年金の支給を受けることになる場合の支給額や、より手厚いサポートを受けることができるようにするための公的なサービスなどの情報提供を行ないます。さらに企業で働く従業員が福利厚生による恩恵が受けられるようなサポートも行ないます。具体的には厚生年金や社会保険の加入資格を満たすことができるように企業側に働きかけたり、企業側が加入者を増やすことで国から受けられる給付金などの情報を提供したりすることで経営側と従業員側のウィンウィンの関係を構築する一助となります。

従業員が万が一業務上の災害を負った場合には、労災の給付が受けられるように迅速に手配を行ないます。事務的な手続きをすれば労災の給付が受けられると思う人も少なくありませんが、事故の報告などの手続きで正しい報告ができないと受けられる給付が受けられない場合もあるため、確実に恩恵が受けられるようなサポートを行なう役割もあります。