社会保険労務士の資格取得

社会保険労務士の資格取得は独学でもできますが、通信教育などの教育課程を活用することには大きなメリットがあります。社会保険労務士試験には年ごとの傾向がありますが、独学の場合、傾向がつかみにくく試験に合格するまでに何年もかかってしまったり、なかなか合格できずにあきらめてしまったりするケースが少なくありません。書店には様々な参考書類が並んでいますが、社会保険制度や年金制度、労災に関連する労働法などは複雑で大学で法学を学ぶなどの経験がなければ、独自で学ぶのはかなりハードルが高くなります。

その点通信教育で社会保険労務士の資格取得を目指すなら、効率的に資格取得に向けた勉強ができるだけでなく、傾向と対策も学べるため、合格する可能性が高くなります。独学の場合、続けるにはかなり強い意志と計画性が必要ですから挫折する可能性が高くなりますが、通信教育はステップを踏みながら学んでいくことができるため、挫折する可能性が低いというメリットがあります。

社会保険労務士試験の模擬試験ができるかどうかという点においても通信教育と独学には差があります。問題集が書店で販売されているものの、試験さながらの状況で模擬試験ができるわけではないため、準備段階で不安が残ります。しかし通信教育なら模擬試験を受けた後に学校が採点しウィークポイントなども分析してもらえることから、試験対策もしっかり行うことができるというメリットがあります。